音楽を大学で学びたい

楽器

音楽を大学で本格的に学ぶ

音楽を愛好する人はたくさんいますが、中には本格的に音楽の基礎を学ぼうと音楽大学を志す人もいます。音楽大学は全国にありますが、関東近郊で評価が高いのは武蔵野音楽大学です。キャンパスは埼玉県入間市、東京都多摩市、それに新しくできた東京都練馬区に江古田キャンパスがあり静かな環境で勉強するには最適です。武蔵野音楽大学の創立は昭和初期の1929年と大変古く、歴史と伝統があります。教育方針は、音楽芸術の研鑽と人間形成を掲げており創立以来一貫しています。学部は音楽学部があり、その中で演奏学科と音楽総合学科に分かれています。演奏学科では高度な演奏スキルを身につけることができ、ピアノ等の鍵盤楽器やトランペット等の管楽器、その他打楽器、弦楽器を学べるコースがあり、当然声楽コースもあります。音楽総合学科では作曲や編曲又は音楽理論の基礎を学ぶことができます。更に一般の学生だけでなく、社会人の方も学べるコースもあるので、働きながら通学することも可能です。このような魅力あるコースのある武蔵野音楽大学ですが、通うために必要なのは当然学費です。入学金は一律どの学科も100000円です。授業料は初年度でどの学科も1700000円前後で、その他に施設費が一律400000円かかり、その他諸経費を含めると約210万円かかります。但し武蔵野音楽大学では入学金免除制度や教育ローンなどの制度もありますので、職員の方と相談して必要ならば利用すると良いでしょう。