ボイスアクターになろう

女の人

進学と声の勉強を両立する

進路を決める時期に差し掛かっていて、高校進学を選ぶかそれとも声優としてやっていくか悩んでいる方もいるでしょう。たしかに最近はアイドルとして売り出す傾向にあり、若さも仕事をしていくうえで欠かせない要素となっています。また年齢が若いほど新しいことを吸収する能力が高いため、仕事や技術を習得していくうえでも大きな武器となるはずです。そんな理由もあって、なるべく若いうちから勉強を開始したいと考える方も少なくありません。ただし声優になるために高校進学をあきらめるとなると、家族に反対されることも予想されます。これは子供に人並みの教育をと考えている保護者の立場からしても、当然の気持ちといえるでしょう。そんな双方にとって都合の良い形で折り合いをつける方法も、実はないこともありません。声優向けの学校の中には高校卒業の資格も一緒にとれるところもあるので、そこに入学すれば両方の勉強を同時に進めていくことができます。しかも高校の勉強と同時進行とはいえ、そこで身につけられる声優の技術は本格的です。まず発声から知識まで経験豊富なプロの講師が指導にあたってくれるので、声の仕事をする上で必要となる基礎的なスキルを身につけることができるでしょう。またレッスンを受ける時に使う機材も本格的なので、実際の仕事をするのと変わりない環境で学べます。さらにオーディションや事務所への紹介といったサポートが充実しているので、在学中にそのままデビューするのも不可能ではありません。加えてこれなら声優と高校の勉強が一緒にできるので、それだけ保護者の説得もしやすくなります。もしもっとも短いルートで声の仕事を目指すなら、こんな一挙両得のやり方もおすすめといえるでしょう。