女の人

ボイスアクターになろう

声優になるには早い方が望ましいわけですが、かといって高校への進学をしないとなれば保護者の説得が難しいはずです。でもそんな場合は、高校の卒業資格を取りつつ声優の勉強もできる学校があるので心配いりません。これなら声優の勉強と高校卒業資格の一挙両得ができるので、進学を勧める保護者の説得もしやすいはずです。

楽器

音楽を大学で学びたい

音楽を大学で本格的に学びたいのなら、関東近郊では武蔵野音楽大学が評判が良いです。キャンパスは埼玉県入間市、東京都多摩市と練馬区にあります。音楽学科と音楽総合学科があり楽器演奏や音楽理論について学ぶことができます。学費は初年度で約210万円前後です。

声優にとって必要なもの

マイク

日本は世界的にもアニメ業界が優れている国です。日本のアニメは次々に世界に進出、各国で吹き替えが行われ親しまれています。そんなアニメを見て育ち、自分の声優になってみたいと考える人もいることでしょう。声優になるには、やはり声優の専門学校に行くことが一番の近道です。専門的な知識をはじめ、さまざまなことを学ぶことができます。しかし、声優の専門学校は、一般的な大学よりも非常に高額なものとなります。専門的な知識や技術を育てるためには、それ相応の手間や機材などを使用することになります。そのため、学費はもちろん、声優になるには教材費などにもお金がかかります。最低でも1年間で約100万円程度は必要と言われています。また、声優になるにはお金だけが必要というわけではありません。アニメのキャラクターや人物の動きや感情に合わせて、いくつもの声を出しわける必要があります。自分の声の大きさやトーン、リズム次第でそのキャラクター像や人物像ができあがってしまいます。そのため、常に安定した発生が必要不可欠です。腹筋をはじめとした筋力強化をする必要があります。喉の調子を整える必要があるため、自己管理も不可欠です。声優になるには、いつでも声を出せるよう、万全の態勢を整える意識を持つことがもっとも大切なことと言えるでしょう。専門学校の授業でも、そのような基礎体力作りに取り組まれています。声優を目指す人は、早めに体調管理をしておくと良いでしょう。

ウーマン

アニメの仕事に関わりたい

将来声優になりたいならば、専門学校に通うのが近道です。専門学校の学費は、100〜150万円が相場です。自身の進路に合った専門学校を選択することと、プロの声優から直接指導してもらえる学校が選ぶことが大切です。